細くしたり、太くしたり、カラーを変えたり。眉毛はほんの少し変化させるだけでも、顔の印象が大きく変わります。

でも、メイクは毎日必ず落とさなくてはいけないので、すっぴん眉をきれいな状態に保ちたいものですよね。

眉毛にコンプレックスがあるという方も、眉毛をきれいな形に整える方法やコツを知っていれば今よりももっと素顔に自信が持てるはず。

この記事では、すっぴんでもOKな眉の整え方・描き方、お手入れにおすすめのアイテム、美眉毛をつくるための3つの方法について解説します。

素敵な眉毛を手に入れたいという方はぜひ記事を参考にしてみてくださいね。

眉毛の整え方の基本

人気の眉毛の形には時代によってトレンドもありますが、基本の眉毛の整え方はしっかり覚えておくのがおすすめです。

眉毛は形や色によって「キリッとした印象を与える眉毛」「かっこいい印象を与える眉毛」「優しい、穏やかな印象を与える眉毛」などバリエーションは豊富。

顔の印象を大きく左右するパーツだからこそ、眉毛に力を入れることでなりたい雰囲気を目指すことができますよ。

ボサボサだったり、ガタガタだったりする眉毛をきれいな「美眉」に整えるだけでも、顔全体の印象がすっきりして、美しく見えます。すっぴんに自信を持ちたいときは、眉毛をしっかり整えてみましょう。

1:まずは理想の形の眉毛メイクをする

眉毛を整えるときは、まずは理想の形の眉をメイクで描いてからお手入れを始めましょう。

アイブロウペンシルなどを使ってお手入れの際の目印となるラインを引いておくことで、処理のしすぎなど失敗を防ぐことができます。

自分の髪色や肌の色に合うメイクアイテムをチョイスすると、より自然な仕上がりを目指せますよ。

2:理想の眉ラインからはみ出した部分の眉毛を処理する

メイクで眉毛を描いたら、理想とする眉ラインからはみ出した部分の眉毛を処理しましょう。

毛抜きやカミソリ、眉用シェーバーを使った処理のほか、海外では眉毛のワックス脱毛も人気です。

目指すのは「きれいなすっぴん眉」なので、処理のしすぎには要注意。あまりつくり込みすぎず、ナチュラルに仕上がるようにするのがおすすめです。

3:眉毛周りの産毛を剃る

眉毛ラインを整えたら、その周辺の産毛を眉用シェーバーなどで剃っていきましょう。ここで剃るのは細かな産毛のみ。

せっかく整えた眉ラインの毛を剃ってしまうことのないよう注意しながら処理しましょう。

4:眉コームを使って眉毛をカットする

まずは、眉毛を毛の流れに沿ってとかします。その後、眉コームを押し当てて、眉のラインからはみ出した毛先を少しずつハサミでカットして完成させましょう。

カットするのは、ほんの数ミリほどでOK。長すぎると感じたらまたあとで処理すればいいだけなので、慎重にカットし失敗を防ぎましょう。

5:1週間に1〜2回ほどお手入れする

その後は、きれいなすっぴん眉を保つことができるよう、定期的にお手入れをしましょう。

人によって眉毛が生えてくるスピードは異なりますが、お手入れの頻度は1週間に1〜2回ほどがおすすめです。

種類別!きれいな美眉をつくる眉毛の書き方

眉毛を整えたら、次はきれいな眉毛の書き方をマスターしておきましょう。

似合う眉毛は顔のパーツや、顔の輪郭などによっても変わってきます。自分の特徴に合わせて、似合う眉毛を見つけてみてください。

面長の輪郭におすすめ:平行眉

日本人に多い面長の輪郭には、平行眉がおすすめです。

眉毛のラインが平行になるよう、あまり角度をつけずに少し長めに描くと、顔の横幅が広がったように見え、顔の縦幅が緩和されます。

また、眉山から眉尻にかけて細くくびれさせるように描くとやぼったくならず、洗練された雰囲気になりますよ。

逆三角形の輪郭におすすめ:平行眉

逆三角形の輪郭にも平行眉がおすすめです。

眉毛にあまり角度をつけず平行に、少し長めに描くことで余白が埋まり、顔を小さく見せることができます。

眉山から眉尻にかけてゆるやかなアーチを描くようにすると、やわらかな印象にすることができるでしょう。

ベース型の輪郭におすすめ:直線眉

ベース型の輪郭の方には、少し角度をつけた直線眉、もしくはアーチ眉が似合います。

平行眉から5〜10度ほど角度を上にあげることで、フェイスラインを引き締めて見せる効果が期待できるでしょう。

眉山から眉尻の部分は、ゆったりしたアーチになるように描いていくと、角張った印象を与えにくくなります。

卵型の輪郭におすすめ:直線眉

丸みのある卵型の輪郭の方は、フェミニンでやわらかい印象のアーチ眉も似合いますが、キリッと大人っぽい印象に仕上がる直線眉もおすすめ。

眉頭は60~80度ほど、眉山は黒目の外側〜目尻の真上、眉毛の上下のラインが直線になるように描くと、ハンサムでりんとした眉毛に仕上がります。

丸顔の輪郭におすすめ:アーチ眉

やわらかい印象の丸顔の輪郭の方には、同じくやわらかい印象になるアーチ眉がおすすめ。眉と輪郭がマッチすることで、顔全体のバランスが整うことがポイントです。

眉頭の角度を45〜60度ほどに、眉山の位置は黒目の外側の真上のあたりにすることを意識するときれいなアーチになります。

目が少し小さめな人におすすめ:細眉

顔の面積に対して目が少し小さめの方には、細眉もおすすめです。眉毛を細く仕上げると、大人っぽく色っぽさのある雰囲気になります。

近年トレンドの太眉がどうにも自分の顔には合わない気がする、という方は一度試してみるといいかもしれません。

ただし、眉毛をあまりに細くしすぎると老けて見えてしまう原因になるため、眉毛の細さは「目の縦幅の半分ほど」を目安に整えるよう意識しましょう。

眉毛を整えるとき・描くときにおすすめのアイテム

眉毛を整えるときや描くときには、いくつかのお手入れアイテムやメイク道具を用意しておきましょう。お気に入りのアイテムがあれば、眉毛メイクやお手入れももっと楽しくなりますよ。

眉毛を整えるときにおすすめのアイテム

眉毛をお手入れするときに、最低限用意しておきたいのが下記の3つのアイテム。

  • ハサミ
  • シェーバー
  • コーム

ハサミは肌を傷つけないためにも、刃先が反った形になっているものがよいでしょう。カミソリでの処理による肌へのダメージを抑えたい、という方は眉用シェーバーやフェイスシェーバーもおすすめ。顔全体の産毛剃りにも活用できます。

コームは眉毛をとかすだけではなく、眉毛に当てることで簡単に眉毛の長さを整えることができるので、眉毛のカットやお手入れが苦手な方も便利に使えるアイテムです。

眉毛を描くときにおすすめのアイテム

眉毛を描くためのアイテムはさまざまな種類があるます。自分に合ったものを選ぶと、自分の気に入るメイクに近づけることができるでしょう。

  • アイブロウペンシル
  • アイブロウパウダー
  • 眉マスカラ
  • リキッドアイブロウ

上記のようなアイブロウメイクアイテムは、髪色や普段のメイクから選ぶほか、眉毛が薄い人はリキッドアイブロウや眉マスカラを選ぶといった方法もおすすめです。

眉毛を整える・描くときのポイントや注意点

ここからは、眉毛を整えたり、描いたりするときに注意しておきたいポイントをご紹介します。

ちょっとしたポイントを知っておくだけでも、失敗を減らして自分のなりたい眉毛がつくりやすくなりますよ。

すっぴんの状態で眉毛を整えない

眉毛を整えるときは、メイクをした状態でおこないましょう。

何も目印のないすっぴんの状態でお手入れを始めると、眉毛を剃りすぎたり、左右非対称になったりしてしまいます。

眉毛は一度処理すると生えてくるまで時間がかかるので、必ず自分が理想とする眉メイクをしてから整えるようにしましょう。

毛抜きで頻繁に眉毛を抜かない

眉毛のお手入れのとき、毛抜きで頻繁に眉毛を抜くのはNG。

毛抜きで抜くと毛根から抜けるため処理後の肌はきれいに見えますが、眉毛が生えてこなくなってしまったり、埋没毛になってしまったりするリスクも。

また、眉毛周辺やまぶたのたるみの原因になる可能性があるため、自分で定期的にケアする場合は毛抜きではなくシェーバーを使うのがおすすめです。

眉毛の長さを短く切り揃えるのはNG

眉毛全体を短く切り揃えてしまうと、眉毛がまだらに見えてしまうことがあるため、処理のしすぎには注意が必要です。

短く切り揃えた眉毛は横から見たときの立体感がなくなり、チクチクしたように見えることがあります。自分では正面の顔しか見えませんが、横顔も美しくなるように意識しながらメイクするのがおすすめです。

眉毛の上部分を剃りすぎない

眉毛の上部分を剃りすぎてしまうと、眉丘筋(びきゅうきん)が見えてしまい、老けて見えたり、違和感が出たりすることがあります。

眉毛と目の距離を近く見せるために、眉毛の上部分を剃って眉毛の下部分にアイブロウペンシルなどで描き足すというメイク方法もありますが、違和感が生じると顔のバランスも悪く見えてしまうため、剃りすぎには注意しましょう。

黄金比に沿って整えると似合う美眉に

眉毛にはどんな人にも似合うとされる「黄金比」があります。

黄金比に沿って整えると美しい眉毛にできるので、自分に似合う眉毛が見つからないという方はぜひ下記の黄金比に沿って眉毛を描いたり、整えたりしてみてください。

  • 眉頭は小鼻の延長線上
  • 眉山は白目の終わりの真上につくる
  • 眉尻は小鼻と目尻を結んだ延長線上につくる

眉毛が濃い人はカラーがおすすめ

自分の眉毛が濃く、すっぴんだと眉毛がはっきりしすぎて見えるという方は、眉毛カラーがおすすめ。

眉毛の色を薄くすることで、眉毛の濃さを緩和することができます。

近年はカラーアイライナーやカラーマスカラなども発売されており、カラーメイクがトレンドになっているので、眉メイクにもカラーを取り入れてみてはいかがでしょうか。

眉毛が薄い人は眉毛の育毛ケアを習慣に

逆に、すっぴんの状態では眉毛が薄いという人は、普段のスキンケアにプラスして眉毛の育毛習慣をつくってみるといいかもしれません。

しっかり効果を発揮できるよう、洗顔後はまず眉毛用育毛剤で眉毛をケアしてから化粧水や乳液、美容液などでケアするのがポイント。

毎日のメイクで知らず知らずのうちに眉毛もダメージを受けているため、お手入れしてあげることで美しい眉毛を目指すことができるでしょう。

眉毛用育毛剤にもたくさんの種類があるので、自分にぴったりのものを見つけてみてください。

すっぴんでもきれいな眉毛をつくる3つの方法

メイクでどんなにきれいな眉毛をつくっても、アイブロウパウダーやアイブロウペンシルで描いた眉毛は汗や水で落ちてしまいます。

また、一日の終わりには必ずメイクを落として素顔になる必要があるため、眉毛に悩みのある方の中には「すっぴんを人に見られたくない」という方もいらっしゃいますよね。

ここからは、すっぴんでもきれいな眉毛を保つための方法をご紹介します。ぜひ実践してみて、素敵な眉毛を手に入れてみてください。

眉毛のムダ毛処理や眉パーマ

まずは、眉毛のお手入れの基本である眉毛のムダ毛処理をしっかりおこないましょう。

眉毛はお手入れしてもまた伸びて生えてくるため、普段のお手入れでダメージを与えてしまうことのないよう、肌になるべく負担をかけないように意識することが大切です。

眉用シェーバーやフェイスシェーバーを使用すると、カミソリよりも肌へのダメージを抑えることができますよ。

家庭用の脱毛器などもありますが、目元の皮膚は肌の中でも薄くて非常にデリケート。皮膚にダメージを与えてしまう可能性や、眼球に影響が出る可能性も考えられるため、くれぐれも注意しましょう。

眉毛が濃い方の場合、眉パーマをして整えるという方法もありますが、眉パーマは薬剤を使用することがほとんどであるため、肌が弱い方は肌荒れに気をつける必要があります。

眉ティント

すっぴんの状態では眉毛が薄いという方は、眉ティントを使うという方法もあります。

眉ティントとは、専用の液体をなりたい眉毛の形に沿って塗り、一定時間置くことで、肌表面の角質層に着色できるメイクアイテム。眉の色が数日間ほどキープできることが特徴です。

眉ティントにはさまざまな商品がありますが、中には肌に刺激を与えてしまう成分が配合されているものもあるため、アイテム選びは慎重におこなうようにしましょう。

アートメイク

アートメイクとは、専用の針によって肌に傷をつくり、そこにインク(色素)を注入する施術のことです。

これまではアートメイクというと「ベタッと塗ったような仕上がりになってしまう」というイメージがありましたが、近年は技術の進歩によってまるで本物の眉毛のようにナチュラルな仕上がりにできるようになっています。

なお、アートメイクは医療行為であり、医師免許もしくは看護師免許を持つ者しか施術できません。中には無資格の施術者が施術をおこなう違法サロンもありますが、これは医師法違反でありケガや感染症のリスクが大きくなるため、注意が必要です。

アートメイクを受ける際は、必ずクリニックや病院など医療機関を選ぶようにしましょう。

アートメイクならすっぴん眉に自信が持てる!

「ばっちりメイクをしているときだけではなく、すっぴんのときもきれいな眉毛でいたい⋯」そんな方は、アートメイクの施術がおすすめです。

ここからは、アートメイクの主な特徴についてご紹介します。

汗や水では落ちないから素顔も美しく

アートメイクでは通常のメイクとは違い、汗や水で落ちてしまうことがありません。プールや温泉で眉毛が消えてしまうのが気になってしまう方や、スポーツをする機会の多い方にもおすすめです。

また、もともと眉毛のない方や、部分的に毛が生えてこない方の場合など、眉毛を整えることですっぴん眉をきれいに見せることが難しいケースもあります。

ですがアートメイクであれば、1本1本眉毛を描き込むことですっぴんでも落ちない自然な眉毛に仕上げることが可能です。素顔ではどうしても眉毛が薄いのが悩みという方も、素顔に自信を持つことができるでしょう。

平均2〜3年ほど持続する

眉ティントの場合は色が数日で落ちてしまいますが、アートメイクの場合、個人差もあるものの平均2〜3年ほど持続するため、お手入れの手間をぐっと減らすことができます。

朝の忙しい時間にバタバタしてじっくり眉毛を整えられなかったり、メイク直しに手間がかかったりしている方はその負担を大きく減らすことができるでしょう。

また、アートメイクは真皮層まで色素を入れるタトゥーとは異なり、肌の表皮層に色を入れるため半永久的に色が残ってしまうということもありません。

数年で薄くなっていき、薄くなったらリタッチ(メンテナンス)によって修正できるので、加齢による目元やフェイスラインの変化や、そのときの自分のなりたい眉毛に合わせやすいなど、自分の理想を追求しやすいこともポイントです。

2D眉・3D眉・4D眉など骨格に合った理想の眉毛をつくることができる

アートメイクの施術方法には「手彫り」「マシン彫り(機械彫り)」「手彫り+マシン彫り」があります。

マシンを使用してアイブロウパウダーでメイクをしたように仕上げる「2D眉」、手彫りで丁寧に1本1本毛並みを描くことでまるで本物のような眉毛をつくる「3D眉」、2D眉と3D眉の技法を組み合わせた「4D眉」など、自分の理想とする仕上がりに合わせた眉毛をつくることができるのもアートメイクの大きな魅力のひとつ。

1本1本描き込むことでまるで本物の眉毛のように見せる技法や、パウダーメイクをしたときのようなふんわりした仕上がりにできる技法など、自分好みの眉毛を選ぶことができますよ。

また、眉毛の形やデザインだけではなく、眉毛の色もその人の肌の色や髪の色など、希望に合わせてつくることが可能です。

アートメイククリニックでは、アートメイクスクールなどで技術と知識を積んだプロのアートメイクアーティストが、お客様の希望と一人ひとり違う骨格やお顔立ちから最も似合う比率を導き出し、その人のお顔立ちを引き立てる施術をしているため、左右対称に整った、美しい眉毛を手に入れることができるでしょう。

【関連記事】
まるでアイブロウメイクみたい。話題の3D、4Dアートメイクとは?

まとめ

眉毛は顔の印象を大きく左右するパーツであり、形・デザイン・色などを変化させることで優しい、かわいい、かっこいい、大人っぽい、色っぽいなど印象を変えることができます。

すっぴん眉をきれいに整えておけば、メイクを落としたときの自分の素顔にももっと自信を持てるようになるでしょう。

ただし、メイクは一日の終わりには落とさなければいけないため、すっぴんでも美眉を保ちたいという方はアートメイクがおすすめです。

アートメイクであれば洗顔をしても落ちないのはもちろん、すでにきれいな眉毛ができているので、お手入れやメイクもそのラインに沿ってすればOK。日頃のメイクや手入れの手間を大幅に減らすことができるでしょう。

グロウクリニックでは、カウンセリングにこだわってお客様に似合うデザインを提案することに力を入れています。カウンセリングは無料のため、「アートメイクが初めて」という方も、「アートメイクで自分の思い通りの眉毛にできるか不安」という方も、まずは一度お気軽にお問い合わせください。