汗や水でにじまず、メイク落としでも落ちることがないアートメイクは、メイクの手間を大幅に減らしたり、素顔に自信をもてたりと、たくさんのメリットがある施術です。

しかし、アートメイクの施術では針を使用し、色素(インク)には微量の金属が含まれているため、「アートメイクの施術を受けても大丈夫?」と不安な方もいらっしゃいますよね。

結論からいうと、金属アレルギーの方でも、パッチテストなどの検査で問題がなければアートメイクを受けることができます。

この記事では、金属アレルギーやアトピーの方がアートメイクを受けるときに知っておきたいことや、色素の安全性、アレルギーの方がアートメイクの施術を受けるときの注意点などについて詳しく解説します。

金属アレルギーでもアートメイクは受けられる?

金属アレルギーだからといって、100%アートメイクが受けられないというわけではありません。ぜひこれからご紹介する内容を参考にして、安全にアートメイクの施術が受けられるよう、工夫してみてください。

パッチテストで問題がなければ施術可能

金属アレルギーの方の場合、アートメイククリニックや皮膚科でパッチテスト(見えにくい部分にほんの少し色素を注入し、問題がないか確認する検査)などのアレルギー検査を受けて、問題がなければアートメイクの施術を受けることが可能です。

金属アレルギーとは、接触皮膚炎や全身性金属皮膚炎など、金属が原因となって起こるアレルギー症状全般を指す言葉のこと。

ピアスなど金属製のアクセサリーが原因となることや、銀歯など歯科での治療に使用する金属がきっかけで金属アレルギーを発症することもあります。

金属アレルギーには軽度から重度まであり、症状が軽い方の場合、自分が金属アレルギーだと自覚しておらず、アートメイクの施術前におこなう問診で「金属アレルギーだった」と判明することも。

安全にアートメイクの施術を受けるためにも、「もしかして?」と心配や不安な点のある方はカウンセリングや問診のときに必ず伝えるようにしましょう。

パッチテストで結果を判断するためには最低でも72時間かかるため、金属アレルギーの方は予約の際に前もってクリニックに伝えておくようにするといいでしょう。

アートメイクで使う色素(インク)について

アートメイクの施術で金属アレルギーの可能性があるのは、針を使用することと、色素に金属(酸化鉄)が含まれているためです。

安全にアートメイクの施術を受けるためには、色素選びも重要なポイントのひとつ。

安全性の高い色素(インク)を選ぶ

今の技術ではアートメイクの施術で使用する色素に含まれる金属をゼロにすることは難しいものの、金属の含有量をごく微量に抑えた色素であれば、アレルギーなどのリスクは軽減されます。

選び方の目安としては、施術を受けようとしているクリニックが使用している色素が、FDA(アメリカ食品医薬品局)の認可を受けたものであるかどうか、確認してみるといいでしょう。FDAはアメリカの政府機関であり、認可を受けるためには厳しい基準をクリアする必要があります。

グロウクリニックでも、FDAに認められた天然成分主体の金属含有量が限りなく少ない色素を使用して施術をおこなっております。

質の悪い色素は変色やアレルギーの可能性が高まる

質の悪い色素は、アレルギー反応が起こるリスクが高まります。また、施術後に大きく変色を起こしてしまう可能性も考えられるため注意が必要です。

MRI検査を受けるときは事前に申告する

アートメイクを受けた後でも基本的にはMRI検査を受けることができますが、安全に施術を受けるためにも必ず事前に医師に伝えておくようにしましょう。

MRI検査では、磁石や電波を使用して検査をおこないます。このときにアートメイクの色素に含まれる微量の金属が反応し、熱く感じる、やけどしてしまう可能性も考えられるためです。

このようなリスクを減らすためにも、金属の含有量が少ない色素を選ぶことが大切です。

その他のアレルギーの方がアートメイクを受けるときの注意点

ここからは、その他のアレルギーの方がアートメイクを受けるときの注意点について解説していきます。

花粉症の方の場合

ヒノキ、スギ、ブタクサなど花粉症もさまざまですが、花粉の成分自体がアートメイクの施術に影響することはないため、花粉症だからかぶれやすくなる、などということはありません。

ただし、アイラインアートメイクを入れたいと考えている方で、花粉症の症状がある方は、シーズンを避けて施術を受けるようにしましょう。

アートメイクの施術後は、感染症や肌トラブルを避けるためにも施術部位に刺激を与える行為はNG。花粉症シーズンはどうしても目がかゆくなってこすってしまったり、涙が止まらなくなったりすることがあるため、花粉の時期が過ぎてから施術を受けるようにしましょう。

なお、アイラインではなく眉毛(アイブロウ)、リップ、ヘアラインなどであれば時期を気にせず施術を受けることができます。

薬物アレルギーの方の場合

アートメイクの施術では針を使うため、施術前には痛みの緩和のために麻酔クリームなどを塗る処置をおこなうことが多いです。また、感染予防のために消毒薬なども使用します。

薬物アレルギーの方の場合、麻酔クリームや消毒薬でアレルギーを起こしてしまう可能性も。そのため、これまで麻酔や消毒薬でアレルギー症状が出たことがあるという方は、施術前の問診で忘れずに伝えるようにしましょう。

アートメイクの施術の痛みの感じ方は人それぞれですが、なかには麻酔なしで施術を受けられる方もいるため、医師やスタッフに相談してみるといいですよ。

アトピー体質の方の場合

アトピー体質の方のなかには、肌が敏感でちょっとした刺激で肌荒れが起こってしまったり、毎日のスキンケア化粧品やファンデーションなどでかぶれてしまったり、頻繁に肌トラブルに悩まされている方もいらっしゃるようです。

ふだん使っているメイクアイテムで炎症を起こしてしまうと、メイクをするのが難しいこともありますよね。

アートメイクの場合は、一度完成すれば平均2〜3年は持続し、メイクをしなくても眉毛やアイラインをきれいに保つことができるため、毎日のメイクによる肌への負担を減らすことにつながる可能性も。

ただし、肌の状態やかぶれやすさなど、症状は一人ひとり異なります。

肌が荒れて敏感になっている状態でアートメイクの施術を受けると、針や色素、消毒薬などの刺激によってアトピーが悪化してしまう可能性も考えられるため、かかりつけの皮膚科がある方は事前に相談したうえで、慎重に考えましょう。

ケロイド体質の方の場合

ケロイド体質とは、皮膚にできた傷あとが赤く盛り上がり、ミミズ腫れのようになる「ケロイド化」が起こりやすい体質のことです。

アートメイクの施術によってケロイドを引き起こしてしまう可能性があるため、ケロイド体質の方の施術はお断りしているクリニックもあります。

それでもどうしてもアートメイクを受けたいという場合は、施術にはリスクがあるということを十分理解したうえで、カウンセリングでしっかり話し合うことが大切です。

※グロウクリニックでは、ケロイド体質の方は施術を受けていただくことができません。

アートメイクは必ず医療機関で受けることが大切

針を使用するアートメイクの施術では、金属アレルギーのほかにも感染症やケガなどのリスクもあります。

アートメイクは医療行為であり、医師免許もしくは看護師免許をもち、専門のスクールなどでアートメイクの技術と知識を身につけた施術者でなければ本来施術はおこなえません。

なかには無資格で施術をおこなうサロンなどもありますが、もしもアレルギー反応が起こった場合でも、医療機関ではないため対応することができません。

アートメイクは必ず、衛生管理やアフターケアが徹底されたクリニック・病院などの医療機関で受けるようにしましょう。

まとめ

金属アレルギーや他のアレルギー、アトピー体質の方でも、パッチテストを受けて問題がなければ、アートメイクを受けることができます。「金属アレルギーだから…」と施術を諦めていた方も、まずはクリニックのカウンセリングなどで相談して、パッチテストを受けてみるのもいいかもしれません。

また、安全性の高い色素を選ぶことも大切です。質の悪い色素はアレルギーのリスクを高めるだけではなく、変色のリスクも生じます。クリニック選びの際は、どんな色素を使用しているのか、前もってチェックしておくと安心です。

グロウクリニックでは、FDA認可の色素を使用し、徹底した衛生管理のもとで施術をおこなっています。無料カウンセリングもございますので、不安な点がある方もぜひお気軽にお問い合わせください。