眉毛はメイクで自在に変化をつけやすい部分ですが、左右対称に描くのが難しかったり、似合う眉毛が見つけられなかったり、理想の形を毎日維持するのはなかなか大変なものですよね。

そこで参考にしたいのが、眉毛の黄金比です。自分の顔に合った眉毛の黄金比がわかっていれば、毎日のメイクが楽になり、眉毛メイクがもっと楽しくなりますよ。

この記事では、眉毛の黄金比や整え方・描き方、美しい眉毛を長く維持するための方法をご紹介します。

きれいな眉毛を維持したい、自分に似合う眉毛を見つけたいという方は記事を参考にしてみてください。

眉毛の黄金比とは?

眉毛の黄金比とは、どんな人にも似合うとされる理想の形のことです。眉毛の間隔や幅などを黄金比に基づいて整えることで、自分に似合う眉毛にすることができます。

眉毛の黄金比のポイントは以下の3つです。

  • 眉頭は小鼻の延長線上
  • 眉山は白目の終わりの真上
  • 眉尻は小鼻と目尻の延長線上

この3点に加えて、眉頭と眉尻の高さが水平な一直線になるようにすると、きれいな眉毛に見えるため、アイブロウペンシルやコームなど、一直線のものを利用して黄金比を確認してみましょう。

また、眉毛は左右対称に描くことも重要です。眉間の中心からの距離や眉山の高さも左右が同じになるようにすると、眉毛をきれいに見せることができます。

輪郭別! 自分の顔型に合った眉毛の黄金比

基本的な眉毛の黄金比は上でご紹介したとおりですが、顔の輪郭は人によってそれぞれ違いがあります。

顔の輪郭によって黄金比は変わってくるため、顔の形に合わせて微調整することで、より自分に合った眉毛の形にすることができます。

ここからは、自分の顔型に合った眉毛の黄金比について詳しくご紹介します。

面長の方の眉毛の黄金比

日本人に多いとされる面長の方は、顔の横幅を意識して眉を平行気味に描くのがおすすめ。

黄金比を確認したら、その位置よりも眉尻を短めに描くようにして、眉山を少し外側になるようにすると、のっぺりとした印象になりません。

面長の方は眉が濃いと硬いイメージになってしまうことが多いため、アイブロウパウダーを使用してふんわりした眉に仕上げるのがポイントです。

丸顔の方の眉毛の黄金比

丸みがある輪郭が特徴の丸顔の方は、黄金比よりも少しだけ眉尻を長めにすることを意識するといいでしょう。

眉尻を長めにすることで、顔全体がすっきりして見えるようになり、顔を小さく見せる効果が期待できます。

もともともっているふんわりした優しい印象を引き立てるように、丸みをもたせて描くことを意識すると、顔に自然となじむ眉毛に仕上がります。

ベース型の方の眉毛の黄金比

顔の横幅がやや広めなベース型の方は、眉毛に角度をつけすぎてしまうと角張った印象に見えてしまうことがあります。

そのため、黄金比よりも眉尻を少し長めに描き、直線ベースの平行眉にすることで、顔全体にやわらかい印象をもたせることができます。

卵型の方の眉毛の黄金比

つるんとした卵型の輪郭の方は、どんな形の眉毛でも似合うといわれていますが、黄金比を意識して眉毛を描くことでさらに顔全体にまとまりが出るようになります。

基本は黄金比をベースとしつつ、かわいく見せたい場合は丸みのあるアーチ眉に、クールな印象にしたい場合は直線的に描くといいでしょう。

黄金比の眉毛の整え方・描き方

自分の輪郭に合う眉毛の形がわかったら、以下のように実際に眉毛を黄金比に整えてみましょう。

  1. 黄金比を参考に自分に似合う眉を描いていく
  2. 描いた眉毛のラインからはみ出した眉毛をシェーバーなどでそり、それなかった短い毛は毛抜きで抜く
  3. 眉用コームを下から眉頭に当てて、ラインからはみ出した毛を眉用ハサミでカットする
  4. 眉用コームを上から眉山~眉尻に当てて、ラインからはみ出した毛を眉用ハサミでカットする
  5. 眉用コームで毛の流れを整え、はみ出している毛があればカットする

まずは黄金比を参考にしながら眉毛を描き、そのうえで眉毛を整えていくことで自然な眉を仕上げることができます。

眉毛のお手入れで注意したいNG例

眉毛のお手入れは、失敗してしまうと眉毛が生えてこなくなったり、違和感のある眉毛になったりすることも。

お手入れ前に、眉毛のお手入れで注意したいNG例を知っておきましょう。

眉毛全体を短く切りそろえる

眉毛の濃さが気になるというときにやってしまいがちなのが、眉毛全体を短く切り揃えてしまうこと。眉毛全体を短くしてしまうと、眉毛がまだらに見えてしまったり、横から見たときの立体感が失われてしまったりします。

眉毛の濃さが気になる際は色を調整するようにし、長さを極端に短くしてしまうことは避けましょう。

すっぴんの状態で眉毛を整える

眉毛を描いていないすっぴんの状態で整えると、お手入れの基準となるラインがわからないため、左右非対称になってしまいやすいです。

前述したようにアイブロウメイクで理想の眉毛ラインを作ってから、はみ出した毛をカットして整えるといいでしょう。

眉毛の上部分の剃りすぎ

眉山には「眉丘筋」という筋肉があり、眉毛の上部分の毛をそりすぎると眉丘筋が目立って違和感が生じてしまいます。

また、老けて見える原因にもなるため、眉毛の上部分をそりすぎないように注意しましょう。

自分に似合う眉毛の色選びのポイント

眉毛は形だけではなく、色でも印象が変わります。そのため、黄金比の眉毛を描く際には色にもこだわってメイクをするのがおすすめです。

ここからは、似合う眉毛の色選びのポイントをご紹介します。

アイシャドウの色に合わせる

アイブロウメイクをするとき、メイクで使用するアイシャドウの色に近いものにすると、全体に統一感が出ます。

アイメイクアイテムは、定番のブラウンでもさまざまなカラーが選べたり、ピンクやカーキといった流行りのカラーも発売されたりしているため、季節や流行に合わせてアイシャドウと一緒に、眉毛の色も調節するとよいでしょう。

アイメイクの最後に色を確かめながら調整していくと、失敗せず顔全体になじんだメイクを完成させることができます。

髪色よりもワントーン明るめの色

ヘアカラーをしている方の場合は、髪色と眉毛の色が違いすぎると違和感の原因となってしまいます。

赤みのあるヘアカラーやアッシュ系のヘアカラーをしている方、ブリーチをしている方などは髪色に眉毛の色のトーンを合わせると統一感がでます。

選び方の目安は、髪色よりもワントーン明るめの色を選ぶことです。そうすることで、眉毛が強調されすぎず、全体的にふんわりした印象のメイクに仕上げることができます。

黄金比の眉毛メイクのおすすめアイテム

黄金比の眉毛メイクに欠かせないのは、眉毛の細かい部分も処理できるようなアイテムです。ここでは、黄金比の眉メイクにおすすめのアイテムをご紹介します。

  • 眉用ハサミ…肌を傷つけにくい、刃先が反り返った形のものを選ぶのがおすすめ
  • 眉用コーム…眉毛の長さを整えるときのほか、眉マスカラを使用した後に整えるときにも活躍
  • 眉用シェーバー…肌への負担を抑えて毛をそることが可能で、眉毛だけではなく顔のさまざまな部位の産毛そりにも活躍
  • アイブロウペンシル…細めのペンシルで1本1本描くようにすると自然な仕上がりに
  • アイブロウパウダー…ふんわりした眉に仕上げたり、グラデーションをつけたりすることができる
  • 眉マスカラ…眉毛の色を変えるだけではなく、眉毛を立体的に見せることができる

眉毛は毛が生えるスピードが髪の毛に比べて早いため、毎日処理が必要になる方もいます。便利にお手入れできるアイテムをもっておくと、理想の眉毛の維持がしやすくなりますよ。

また、アイブロウペンシルやアイブロウパウダー、眉マスカラは前述したようにアイシャドウやヘアカラーに合わせて変えると顔になじんだメイクに仕上がるため、何色かそろえておくのもおすすめです。

黄金比の眉毛を維持したいならアートメイクがおすすめ!

黄金比の眉毛を長く維持したいという方は、アートメイクの施術を受けるのがおすすめです。

眉用ハサミや眉用シェーバー、眉用コーム、アイブロウパウダーや眉マスカラなどを使用すれば黄金比の眉毛を作れますが、メイクは毎日落とさなければならないため、長く維持することはできません。

また、メイクをする場合は自分で毎日鏡を見て眉毛を整え、メイクで黄金比を確認しながら整えるという作業をしなければならず、時間もかかってしまいます。

アートメイクであればクレンジングや洗顔をしても落ちないため、メイクの手間が減り、左右対称に眉毛を整えるのが苦手という方も安心です。

顔を洗っても落ちないメイク

アートメイクの施術では、色素を皮膚に注入するため、汗や水で落ちてしまうことはなく、クレンジングや洗顔をしても落ちないのが魅力です。

もともと眉毛が薄い方、眉毛の毛が細い方もすっぴんに自信をもつことができるようになるでしょう。また、運動をする機会の多い方、プールや温泉に行く機会の多い方にもおすすめです。

施術方法も、毛の流れを1本1本手書きで表現する手法や、アイブロウパウダーでメイクしたようにふんわり仕上げる手法などがあり、自分の理想や似合う眉毛を表現することができます。

男女ともに人気の高い眉アートメイク(アイブロウアートメイク)のほかにも、リップアートメイク、アイラインアートメイク、ほくろアートメイク、ヘアラインアートメイクなどがあり、自分の理想に合わせて施術を選ぶことができます。

【関連記事】
まるでアイブロウメイクみたい。話題の3D、4Dアートメイクとは?

持続期間は平均2~3年

真皮層という皮膚の深い部分にまで色素を注入するタトゥー(刺青・入れ墨)とは異なり、アートメイクは表皮層までの注入となります。

そのため、色素は半永久的に残るわけではなく、少しずつ薄くなっていきます。

持続期間には個人差がありますが、平均して2~3年ほど持ちます。

【関連記事】
はやりのアートメイクとは? 眉毛のアートメイクでお悩み解決

アートメイク施術の流れ

アートメイクは、カウンセリング~施術という一連の流れでおこなわれます。

実際の施術時間は1.5~2時間ほどですが、カウンセリングなどを含めると3時間ほどの時間が必要となるため、施術当日は時間に余裕をもっておくと安心です。

以下で、アートメイク施術の流れをご紹介します。

  1. カウンセリングやヒアリング
  2. 医師による問診
  3. デザイン
  4. 麻酔の塗布
  5. 施術開始
  6. 施術完了後のアフターケア

アートメイクは医療行為であるため、施術前には必ず医師の問診が必要となります。

また、アートメイクの施術で重要となるのがカウンセリングです。自分の理想や自分に似合う眉毛にするためにも、納得できるデザインになるまでしっかり話し合うことが大切です。

まとめ

眉毛には黄金比と呼ばれる比率があり、それに合わせて形を整えることで、より美しい顔に仕上げることができます。

自分でおこなうメイクでも黄金比の眉毛を作ることはできますが、毎回クレンジングをする必要があるため、手間がかかったり思うような眉毛が描けなかったりすることもあります。

一方、アートメイクなら平均して2~3年はもつため、美しい眉毛の形を長く維持したい、すっぴんでもきれいな眉毛でいたいという方におすすめです。

グロウクリニックでは、眉毛の黄金比を考えつつ、一人ひとりのお顔立ちに合うデザインに微調整をおこなっています。

また、カウンセリングを大切にしており、時間をかけて丁寧にお客様と向き合って納得できるデザインを追求しているため、ぜひお気軽にご予約・お問い合わせください。