アートメイクの施術は痛いと聞くけど、本当?
痛みには対処法があるの?

アートメイクは眉や唇などに針で細かな傷をつけ、色を入れてメイクのようにデザインする施術です。

基本的には、アートメイクを実施しているクリニックでは施術に麻酔を使用するので、痛みはほとんどないとされています

しかし、痛みの感じ方や麻酔の効き方には個人差がありますので、まったく痛みがないとは言い切れません。

施術中に痛みを感じた場合には、ためらわずに施術者に伝えましょう。麻酔の量を調節してくれます。

また、痛みに対して不安を感じる人は事前のカウンセリングで相談しましょう。

施術前に体調を整えたり、肌の調子を整えたりすることも大切です。

この記事では、眉・アイライン・リップなど部位別に、アートメイクの施術における痛みや、具体的な対処法について解説します。

アートメイクの施術はどんなもの?どのくらい痛い?


グロウクリニックでのアートメイク施術の様子
撮影:田村裕未(アーク・コミュニケーションズ)

アートメイクを検討するうえで、気になる施術時の痛み。

基本的には、施術箇所には麻酔をするので、痛みはないといわれています。

痛みがあるとしても、眉であれば毛を抜く程度、アイラインやリップは眉よりは痛みを感じやすいといわれますが、耐えられないほどではない程度とされています。

とはいえ、アートメイクは、皮膚のごく浅い部分(深さ0.04〜0.2mm)のところに専用の針で傷を付け、インクを注入するもの。

痛みには個人差もあります。施術中に痛みを感じた場合には、施術者に告げて、麻酔を増やしてもらうのが、痛みを軽減する基本的な対処法です。

アートメイクは皮膚に色素を埋め込む行為

アートメイクとは、皮膚の浅い部分、表皮のところに専用の針で色素を入れることで、理想に近い眉やアイライン、リップなどのメイクをしているように見せる医療行為です。

▼タトゥー・入れ墨とアートメイクの違い

タトゥーと比べ、皮膚の浅いところへの施術になるので、時間が経つにつれて肌のターンオーバーで薄くなっていき、永遠に色が残ることはありません。

1〜3年程度、中期的に持続するメイクとして利用されています。

施術方法は、手彫り・マシンの2種類

アートメイクの施術方法には、「手彫り」と「マシン」の2種類があり、一本一本の毛並みを彫り込んでいく「手彫り」の方が痛みは強いといわれています。

では、それぞれの施術方法を詳しく見ていきましょう。

手彫り

手彫りは、その名の通り、施術者が針の付いた器具を使い、眉など施術箇所に彫りを入れ、その傷口に染料を入れていく方法です。

眉であれば一本一本の毛並みを調整しながら掘り込んでいくので、痛みはマシンよりもあるとされています。

毛並みを調整しながら彫り込むため、立体感が出て、自然な仕上がりになるのが魅力の一つです。

マシン

マシンの場合は、針先が自動的に動き、一定の間隔で彫ることができる器具を使って施術する方法になります。
短時間で均等に着色でき、手彫りに比べ麻酔が効きやすいこともあり、痛みも少ないといわれています。

マシンを使ったアートメイクの場合、色が均等につくため、はっきりとメイクしたような仕上がりになるといわれています。

アートメイクには、上記のように2種類の施術方法がありますが、手彫りとマシンを組み合わせて施術を行っているクリニックもあります。

基本的には麻酔を利用する

アートメイクは、医師の指導の下、医療機関で行う医療行為です。

クリニックでアートメイクをする場合には、基本的には皮膚に直接塗るタイプの塗布麻酔を使用します。

麻酔を使用する前には軽い痛みを感じる場合もありますが、麻酔後は痛みが軽減されます。

ただし、痛みには個人差があるので、麻酔をした後でも痛いと感じる人もいるでしょう。

その場合は我慢せず、施術者に伝えましょう。麻酔の量を調節してもらえます。

では、ここからは、施術部位別に痛みについて解説していきます。

眉のアートメイクの痛みは?

「自分に合う眉がわからない」、「眉が生えてこなくなってしまった」といった悩みから眉のアートメイクを検討する人も多いでしょう。

ここからは、眉のアートメイクの施術時、施術後の痛みについて紹介していきます。

施術中の痛み

眉のアートメイクは、アイラインやリップに比べると痛みが少ないとされています。

特に毛を抜くなどのセルフケアをしている人は、刺激に慣れている場合が多く、痛みを感じにくいそうです。

施術時も、施術箇所に麻酔をするため、痛みはあまりありません。

ただし、麻酔を塗布する前や、施術中に局所的に痛みを感じることはあるかもしれません。

その時は施術者に伝え、麻酔を追加するなど調整をしてもらいましょう。

施術後の痛み

眉のアートメイクの術後は、腫れたりかさぶたができたりします。

施術箇所は痛いというほどではありませんが、かゆいと感じる人はいるようです。

かゆみやひりつきを感じた場合には、炎症を起こしているので、施術部位に清潔な布やラップで巻いた保冷剤を当てるなどしてクーリングを行ってください。

また、アートメイクを行っている多くのクリニックでは、乾燥・かゆみ防止の軟こうが処方されるので、こちらも状況に応じて利用しましょう。

ただし、肌質が合わない人が利用すると色落ちなどの原因にもなるので、不安な場合は医師に相談するのがおすすめです。

アイラインのアートメイクの痛みは?

「アイラインが上手く書けない」、「毎日のメイクを少しでも楽にしたい」という方におすすめのアイラインアートメイク。

眉よりは痛みを感じやすい部位とされていますが、実際の施術における痛みはどの程度なのでしょうか。

施術中の痛み

アイラインのアートメイクは、まぶたのキワに行うアイラインを引くように施術をします。

まぶたのキワは、他のパーツよりも皮膚が薄いため、痛みを感じやすい部位です。

ただし、グロウクリニックのように、施術を始める時点で麻酔を塗布する場合には、リップや眉毛よりも痛みをあまり感じないとされています。

また、アイラインの施術の場合も、痛みが強いようであれば、施術者に伝えて麻酔の量を調節してもらうことで、痛みは軽減できます。

痛みに不安がある人は、施術前にクリニックに相談し、麻酔を使用してもらいましょう。

施術後の痛み

アイラインのアートメイクは、まれに施術後、腫れてしまうという人もいます。

腫れは、術後数日~1週間程度続くので、デートなどの目が腫れていると困る用事は、術後1週間は入れないように調整した方がよいでしょう。

腫れや赤みが気になる場合には、身体を起こした状態で、清潔な布・ラップなどに保冷剤を巻いて目元に当てて冷やしてあげましょう。

また、アイラインは術後翌日の朝に一番腫れが出やすいといわれています。

腫れの防止策としては、施術当日、寝る時に心臓よりも頭が高くなるように枕を調節して寝るのがおすすめです。

痛み以外では、施術箇所の腫れが眼球に摩擦を与え、多少のかゆみが出ることもあります。

その場合は市販のドライアイ用の目薬を使用してかゆみを和らげましょう。

ただし、爽快感のあるものは刺激も強いので、避けた方がよいでしょう。

リップのアートメイクの痛みは?

「リップの血色が悪い」、「口角が下がっているのが気になる」といった悩みを持つ人におすすめのリップアートメイク。

ここからは、リップのアートメイクの術中、術後の痛みについて解説していきます。

施術中の痛み

リップは、皮膚と粘膜の中間と呼ばれる部位です。

そのため、他のパーツよりも皮膚が薄く、感覚も敏感です。

粘膜に近い分、麻酔も効きやすいのですが、ピリピリとした痛みを感じやすい部位でもあります。

施術中に痛みを感じた場合には、他の部位と同様に、施術者に伝えましょう。

施術後の痛み

リップのアートメイクは、特に痛みや腫れのリスクが伴います。

個人差もありますが、皮むけが終わるまでには1週間程度かかるといわれています。

術後2〜3日は、唇に刺激を与える可能性がある熱い食べ物や飲み物、香辛料などは控えるようにしましょう。

また、施術の刺激により、ヘルペスを発症する可能性もあります。

日本人の半数が単純性ヘルペスの保菌者で、予防しない場合はその中の90%が発症するとされています。

リップのアートメイク施術をする場合は、予防のための抗ウイルス薬が処方されるので、不安がある人は施術前にクリニックに相談してみましょう。

施術前にできる痛みの緩和方法は?

グロウクリニック渋谷院 楠山法子院長
撮影:清水亮一/アーク・コミュニケーションズ

理想的な眉やリップ、アイラインは手に入れたいけれど、やはり施術時の痛みが心配…という人もいるでしょう。

ここからは、施術前にできる痛みへの対策方法を紹介します。

体調管理

施術を受ける前には、体調を万全に整えておきましょう

寝不足だと痛みを感じやすかったり、麻酔が効きづらかったりすることもあります。

女性の場合は生理前・生理中にも痛みを感じやすいので、不安な人は日程を調整するのがおすすめです。

また、施術箇所に傷や吹き出物などがあると、施術ができない場合があるので、体調とともに、肌の調子も整えておきましょう。

医療機関で施術を受ける

先にも述べましたが、アートメイクは医療機関で行う医療行為です。

麻酔も同様に、医師が常駐するクリニック(医療機関)でなければ使用できず、正式な医療機関ではない個人サロンなどでは扱えません。

医師が常駐している医療機関で、適切な麻酔を使った施術を受けることが痛み対策につながります

施術者を選ぶ

アートメイクの痛みは、施術者の技量や経験によっても大きく左右されます。

研修や、所属するスタッフのSNSなどの情報をサイトに載せているクリニックもあるので、事前にチェックしたうえで、腕の良い、信頼できる施術者を指名するようにしましょう。

施術後のケア方法、やってはいけないことは?

グロウクリニック渋谷院 楠山法子院長
撮影:清水亮一/アーク・コミュニケーションズ

施術後の痛みが気になる場合には、医師に相談すれば鎮痛剤を処方してもらえる場合もあります。

また、アイラインやリップのアートメイク術後の場合は、術後数日間は施術箇所が腫れてしまうこともあるので、その場合は清潔な布やラップを巻いた保冷剤で冷やしましょう。

その他、アートメイクの施術後の、腫れや赤み、痛みなどの対策やアフターケア・NG行動について解説していきます。

術後のケアを忘れない

アートメイクの施術後には、施術箇所を乾燥させないために、医師から処方された軟こうで保湿をするのが大切です。

皮膚は乾燥することで、ひび割れや細菌の侵入を起こしやすくなってしまいます。

肌トラブルを避けるためにも処方された軟こうはこまめに塗るようにしましょう。

ただし、脂性肌の人は色素が傷口から流出しやすく、軟こうを塗らない方が良いなど、肌質によってはケアの方法が異なる場合もあります。

術後の痛みやかゆみ、色落ちなどが不安な場合は、まずクリニックで医師に相談しましょう。個人に合わせたアドバイスをしてくれます。

NG行動は避ける

アートメイク施術後は「汗をかく行為」と「施術箇所に刺激を与える行為」がNGです

これらの行為をしてしまうと、色の定着に支障をきたしたり、施術箇所の痛みや炎症を悪化させる可能性があったりするので、注意が必要です。

主なNG行動は下記で解説していきます。

運動など汗をかく行為

アートメイクの術後、2週間程度は、運動などの汗をかく行為は避けた方がよいでしょう。

アートメイクは肌に細かな傷をつけ、そこから色素を入れていくものです。運動により新陳代謝が活発になると、本来体内になかった色素は体外へと排出されやすくなってしまいます。

特に術後2週間程度は、傷口がふさがっていないため、色素の流出が起きやすい状態です。

体温を上げて、新陳代謝を促進させるような行為はNGとされています。

また、日焼けも色あせの原因になるため、最低2週間は紫外線を避け、しっかりとUVケアをしましょう。

風呂につかる(シャワーはOK)

いずれの部位を施術した場合も、術後3 日間はお風呂につかるのはNG行動です。

運動と同じで、お風呂に入ることで体温が上がり、新陳代謝が活発になり、本来体内になかった色素が体外に排出されやすくなってしまいます。

シャワーはOKですが、施術箇所に水がかからないよう注意する必要があります。

また、感染症の予防のため、海水浴・プール ・サウナ・温泉などは2週間程度避けましょう。

飲酒、刺激物や熱い飲食物の摂取

アートメイクの施術後、1週間程度は飲酒も控えましょう。

飲酒は、むくみや炎症の原因になるだけでなく、代謝も上がるため色素が定着しにくくなってしまうというデメリットがあるのです。

さらにリップのアートメイクを受けた人は、術後2〜3日は、刺激物や熱いものも避けましょう。

傷口が閉じていないうちは、炎症や痛みの原因になってしまいます。

施術当日の洗顔

施術当日は、洗顔も控えましょう。

翌日以降も、施術箇所には水がかからないように注意しながら洗顔します。

色素の流出や、洗顔料によって傷口へダメージを与えてしまう可能性があるのです。

同じ理由で、クレンジングも施術後1週間程度はNGになります。

施術箇所に化粧をすること

施術箇所の傷口が塞がらないうちに化粧をするのは避けましょう。
たくさんの傷がついている状態で、化粧品などを使うことで、傷口に細菌が侵入する場合もあります。

基本的に、化粧は傷口が完治してからと考えておきましょう。

眉は術後1週間、アイラインであれば2日間は化粧を避けるのが目安です。

ただし、傷口の修復にかかる時間には個人差があるので、上記の期間はあくまで目安です。

かさぶたが全て剥がれていること、赤みやかゆみがないことをしっかりと確認してから化粧をするようにしましょう。

施術箇所を触ること

一番やってしまいがちなNG行動が施術箇所に触れること

特にアートメイクを始めて受けた場合には、どうしても施術箇所が気になり触ってしまう人も多いと思います。

触ってしまうと、少しの刺激でも開いた傷口から色素が流れ出る原因になるうえ、傷口からばい菌が入り炎症の原因になってしまいます。

施術後1週間程度は、施術箇所を触らないように注意しましょう。

もしも目の周りの汚れが気になる場合には、清潔なコットンや綿棒などで優しく拭い取るのがおすすめです。

また、コンタクトをしている人は、アイラインの施術後2〜3日はコンタクトレンズの着用を控えましょう。

グロウクリニックはていねいなカウンセリングで個人に合わせた施術が可能

グロウクリニック渋谷院スタッフ一同
撮影:田村裕未/アーク・コミュニケーションズ

アートメイクの施術の際に感じる痛みは、基本的には麻酔を使うことで軽減できるので、ほとんどの場合耐えられる程度のものといえます。

痛みに弱く、施術にどうしても不安がある人は、事前のカウンセリングの時に医師に相談することで麻酔の量を調節してもらいましょう。

また、術中の痛みは施術者の腕に、術後の痛みはアフターケアにも左右されるので、信頼のおける施術者がいるクリニックを選ぶことが大切です。

グロウクリニックでは、ていねいなカウンセリングをして個人の事情に寄り添ったアフターケアを行っています。

施術を行うアーティストも、それぞれ700時間を超える厳しい研修を終えており、高い技術をもっています。

ではグロウクリニックの魅力について、下記で詳しく解説していきましょう。

事前カウンセリングで不安を解消

グロウクリニックでは、事前カウンセリングをとても大切にしています。

患者様一人一人の事情や希望をていねいに聞き、それぞれの体質や状況に合わせた施術やアフターケアを実現します。

術中・術後の痛みや不安なことがあれば、気軽にカウンセリング時に相談しましょう。

アートメイクのデザインはもちろん、術後のアドバイスなども含め、患者様に納得していただけるように、わかりやすい説明を心がけています。

厳しい研修を終えたスタッフのみが施術を行う

グロウクリニックでは、厳しい研修と5つのStep毎の試験に合格したアーティストだけが、アートメイクの施術者としてデビューできるシステムになっています。

アートメイクについての知識習得にはじまり、デザインやストロークの練習、上級アーティストの施術見学、モニター様への施術など、研修期間は720~1000時間にも及びます。

上級アーティストの指導のもとで施術経験を重ねることで、技術を常に向上させているため、いずれのアーティストも高い技術力を誇ります。

以下はグロウクリニックが掲載しているスタッフの一覧です。

 

担当可能な施術や担当症例、コメントがまとまっているので、施術者を選ぶ際には参考にしてください。

アーティストごとに症例の情報を発信している

クリニック選びで重要なポイントのひとつとなるのが今までの症例実績の確認です。

施術メニューや機器は同じでも、クリニックによって仕上がりは全然違います。

アートメイクの施術症例を確認して、自分のイメージと合うものがあるかどうかを見てみるのも大切です。

グロウクリニックの公式ホームページでは、実績など信頼度を上げるための取り組みとして、施術の症例情報をアーティストごとに発信しています。

 

得意な施術や具体的な施術内容、術前、術後の写真など、詳細な情報が掲載されているので、自分好みのアーティストを選ぶ参考にしてみましょう。

また、眉でいえば4Dストロークや3Gブロウズなど、同じパーツのメニューでもアーティストによって対応可能な施術かどうかは異なるので、事前にチェックしておきましょう。

なお、グロウクリニックでは、眉、リップ、アイライン以外の、ホクロやヘアラインなどのアートメイクには対応しておりません。

眉アートメイクのメニューはこちら

    1. 4Dストローク

4Dストローク(フォーディーストローク)は、眉毛を1本1本描き彫り、自眉のような自然な仕上がりが特徴です。

「Microblading(マイクロブレーディング)」と呼ばれるアートメイクの手法になります。

▼4Dストロークの料金

1回分 ¥75,000(税込)
2回分 ¥150,000(税込)
リタッチ
(3回目以降)
¥55,000(税込)
    1. 3Gブロウズ

3Gブロウズ(スリージーブロウズ)は、眉毛を1本1本描き毛流れを作る「Microblading(マイクロブレーディング)」と、マシンを使用しパウダー状に色を入れる「Microshading(マイクロシェーディング)」を組み合わせた施術方法です。

手彫りとマシンをミックスすることで肌への負担を減らし、色を定着させる手法になります。

▼3Gブロウズの料金

1回分 ¥75,000(税込)
2回分 ¥150,000(税込)
リタッチ
(3回目以降)
¥55,000(税込)
    1. デリケートブロウ

デリケートブロウは、枠取った眉のデザインに、マシンを使用しグラデーション状のふんわりパウダー眉に仕上げる新しい手法になります。

肌の浅い部分に軽いタッチで色を入れるので肌への負担も少ないのが特徴です。

▼デリケートブロウの料金

1回分 ¥75,000(税込)
2回分 ¥150,000(税込)
リタッチ
(3回目以降)
¥55,000(税込)

アイラインアートメイクのメニューはこちら

    1. アイライン(上)

まつ毛が薄い、アイラインが落ちやすいなどの悩みを解決してくれるのがアイラインのアートメイク。

グロウクリニックでは、肌に合わせた色味の提案もしてくれるので、すっぴんの時にアイラインのアートメイクが浮いて見えてしまう、青黒く変色してしまうなどの心配もいりません。

▼アイライン(上)の料金

1回分 ¥45,000(税込)
2回分 ¥90,000(税込)
リタッチ
(3回目以降)
¥25,000(税込)
    1. アイライン(下)

▼アイライン(下)の料金

1回分 ¥45,000(税込)
2回分 ¥90,000(税込)
リタッチ
(3回目以降)
¥25,000(税込)

リップアートメイクのメニューはこちら

    1. リップメイク

リップメイクはくすみ取りの染料と希望の色味の染料をミックスし、単色としてドット上にムラなく色を入れていく手法です。

麻酔した上でリップ専用のマシンで施術することで、腫れ、痛みを最小限に抑えます。

▼リップメイクの料金

1回分 ¥75,000(税込)
2回分 ¥150,000(税込)
リタッチ
(3回目以降)
¥55,000(税込)
    1. ジュエリーリップ

ジュエリーリップは、最初にくすみ取りの染料を塗布し、その上に希望の色味をさらに色付け、最後にハイライトを施す手法です。

ハイライトにより立体感が生まれ、口角が上がって見えたり、唇がぷっくり見えたり、よりセクシーな口元が期待できます。

▼ジュエリーリップの料金

1回分 ¥75,000(税込)
2回分 ¥150,000(税込)
リタッチ
(3回目以降)
¥55,000(税込)

この記事のまとめ

ここまでアートメイクの痛みについて解説してきました。
この記事の中でおさえておきたいポイントは以下のとおりです。

  • アートメイクの痛みは多少あるものの麻酔で軽減できる
  • 術中・術後の痛みや腫れには施術者の技術やアフターケアが影響する
  • 事前カウンセリングなどで、一人一人に合わせた施術を行ってくれるクリニックを選ぼう
  • アートメイクは技術力の高いクリニックを選ぶべき
  • クリニックを選ぶ時は、スタッフの症例実績もしっかり確認する

アートメイクを検討するうえで、痛みへの不安を感じる人も多いでしょう。

しかし、施術中の痛みは麻酔で抑えることもできますし、施術前や施術後のNG行動を避けることで、腫れや赤みを軽減できます。

メリットだけではなく、デメリットやリスクもしっかり確認した上で、あなたに合ったクリニックで理想のアートメイクを受けてみましょう。