自然な仕上がりの美しい眉や血色を感じられるリップが持続できる!とあって、幅広い世代から人気を集めているアートメイク。

近年では若い世代から高齢の方までたくさんの方がアートメイクの施術を受けています。

しかし、アートメイクの仕上がりを維持するために、施術後気をつけなければならない点がいくつかあるんです。

この記事では施術後から1週間のアートメイクの経過と、次の施術までに注意すべき点をご紹介します。

次の施術のタイミングが正しいかどうか見極める判断材料にもなりますので、アートメイクの施術を受ける前にぜひチェックしてみてくださいね!

アートメイク施術後1週間の経過

アートメイクの施術を受けてから施術箇所がある程度落ち着くまでは、1週間程度時間がかかります。

最初の1週間は色抜けを防ぐためにも傷口を安静にすることが非常に重要です。

今回は眉毛のアートメイクを例にとって施術後の経過をご紹介していきます。

アートメイク施術直後きれいに仕上がった眉は、施術から2~3日経つと施術直後よりお色味が濃く見えます。

これは針で彫った箇所がカサブタになっているため。色素が濃くなってしまったのではなく、カサブタの影響で眉が濃く見えるだけなので安心してください。

施術後から3日目まではカサブタができ、若干かゆみを感じるかもしれません。

しかし炎症を防ぐためにかゆみが出ても掻かないようにしてくださいね!

4日目から徐々にカサブタが剥がれ、施術箇所が落ち着いていきます。

一般的に1週間経つ頃にはカサブタが全て剥がれ色味も落ち着き、施術直後の仕上がりのようなきれいな状態に戻ります。

ただしこの経過には個人差があるので、早めに色味が落ち着く方もいれば、カサブタがなかなか剥がれない方もいます。

必ず施術後1週間はアートメイクの定着のために傷口を安静にしてくださいね!

完全に定着するまでに必要な施術回数は?

完全に定着するまでに必要な施術回数は?

アートメイクは1回ではなかなか完成が難しいものです。

これはお肌にないものを取り入れるため身体が拒否反応を示し色素をはじく作用が発生するため。

理想とするアートメイクが出来上がるまでには、複数回の施術が必要になります。

そこで、アートメイクが完成するまでの施術回数についてご説明します。

施術が複数回必要な理由

1回目の施術からしばらくは施術直後のきれいな状態が続きますが、時間が経つにつれ色素がどんどん薄くなっていきます。

そもそもアートメイクが1回の施術で終了しないのは、体の構造が大きく関係しているのをご存知でしょうか?

私たちの体はもともと体内に存在していなかったものや、体に余分なものを体外へ排出しようとする働きを持っています。

アートメイクは針を使って皮膚に傷をつけ、傷口に色素を注入する医療行為です。

色素はもとから体内に存在しているものではないので、1回目はどうしても色素を体外へ排出しようとする働きが強くなります。

傷口が完全にふさがるまでは、どうしても傷口から色素が流れ出てしまうんです。

何回か皮膚へ色素を注入することで、体も慣れ色素が体内へ定着し外へ出にくくなります。

それまでは複数回(平均2~3回)の施術が必要です。

施術と施術の間はどのくらい空けるの?

アートメイクは色素が定着するまでに複数回の施術が必要ですが、施術が終了したらすぐに次回の施術ができるわけではありません。

お肌のヒーリングのためにも、次の施術を受けるまでには最低でも1ヶ月の間隔を空けることが必要です。

期間を空ける理由として、施術で肌はダメージを受けているのできちんと回復する前に次の施術を行ってしまうと色素が定着しにくくなってしまうから。

そのため、アートメイクが完全に完成するまでにはトータルで2ヶ月〜3ヶ月の時間を要します。

少々長く感じるかもしれませんが、1回1回の施術の効果を得るためにも施術間隔を守るようにしましょう。

施術後に腫れや赤みは出るの?

施術後に腫れや赤みは出るの?

アートメイクの施術が終わってから1週間経つまでには、施術箇所に腫れや赤みなどの肌トラブルが起きる可能性もあります。

考えられる肌トラブルや、肌トラブルが起きたときの正しい対処法をご紹介します。

施術後の肌トラブル

アートメイクは皮膚を傷つける行為なので、まれに施術箇所が腫れてしまったり、赤みが出てしまったりすることがあります。

GLOWクリニックでは重大な肌トラブルが起きた例はありませんが、患者様によってはかゆみが出てしまうという方も。

もし施術箇所にトラブルが起きた場合は、炎症を防ぐために施術患部を触らないようにしましょう。

肌トラブルが起きたときの対処法

もし施術箇所に赤み・かゆみ・腫れなどの症状が出た場合には絶対に触らず、温まるとかゆみや赤みなどが出やすくなるので、冷やしたガーゼなどを患部に当てて冷却してください。

また塗薬も市販のものを使用せず、必ずクリニックに連絡をし処方された薬を使用してください。

アートメイク施術後の注意点

アートメイク施術後の注意点

アートメイクの施術後は、禁止事項がいくつかあります。特に色味が定着するために大切な施術後1週間に注意すべき点をご紹介します。

施術箇所のメイクはできない

施術後から1週間は施術箇所のメイクができません。

アートメイクした眉にアイブロウなどを使用してしまうと、傷口に余計なものが入って肌トラブルを起こしたり、色素が抜け出てしまったりする原因になります。

施術後から1週間はアートメイクがきれいに残っている状態なので、メイクをしなくても十分きれいです。

もし仕事の関係上どうしてもメイクをしなくてはならない…などの事情がある場合には、よく考えて施術スケジュールを組むようにしましょう。

水に濡らさない

施術箇所を水に濡らす行為もNG!

施術直後は開いた傷口から色素が流れ出やすくなっているので、水に濡らしてしまうと色素の定着に影響を与えてしまいます。

洗顔やシャワーを浴びるときなどは、クリニックでもらった軟膏を施術箇所に塗り、水がかからないように十分注意してくださいね。

過度な運動はNG!

施術後1週間は、ランニングなどの汗をかく運動もNG!

施術後は傷口が開いている状態なので、代謝をあげることによって色素が流れ出てしまいます。

なるべく運動はせず、安静にすることが重要です。ヨガやスイミングもNGです。

お風呂はシャワーのみ

アートメイクの施術後はお風呂に入るときも注意が必要です。湯舟の入浴は避け、シャワーを浴びるだけにしましょう。

入浴も体が温まって代謝が上がる行為なので、施術箇所から色素が排出されてしまいます。

低い温度での入浴、半身浴、サウナも汗をかく行為なのでNGです。

クレンジング&洗顔はNG!

施術箇所を濡らすのがNGなので、当然クレンジングや洗顔も1週間は気を付けてしていただく必要があります。

市販のクレンジングや洗顔料が傷口に入って肌トラブルを引き起こす可能性もある上、顔の汚れや余分な皮脂だけでなくアートメイクの色素も洗い流してしまうこともあります。

クレンジングの際は、拭き取り型のクレンジングシートを使用し、施術箇所は触らないようしてください。

洗顔も洗顔料は使わずに水のみで洗い流し、施術箇所に水がかからないように注意しましょう。

ケア方法には個人差がある

これまで肌トラブルが起きてしまったときの対処法や、施術後に注意すべき行動をご紹介してきましたが、これらはあくまで一般的な対処法にすぎません。

肌質は患者様によって様々。乾燥肌の方やオイリー肌の方、ニキビができやすい方など、肌質によって施術後のケア方法は異なります。

特にオイリー肌の方や代謝の良い方は、傷口から色素が排出されやすいという傾向もあります。

GLOWクリニックでは、患者様の肌質によって最適なケア方法、注意すべき点をご説明することを大切にしています。

アートメイクの定着に不安な方は、ぜひGLOWクリニックへお越しくださいませ。

まとめ

アートメイク施術後の経過は?正しいケア方法も解説!まとめ

アートメイクの施術から1週間が経過するまでは、傷口が治りかけで肌トラブルも起きやすくなっています。

開いた傷口から注入した色素が流れ出やすくなっているので、1週間は特に注意して安静にすることが重要です。

注意事項をきちんと守って、きれいな仕上がりを実感してくださいね!